So-net無料ブログ作成

今年は例年以上に内定辞退が大きな問題になる [内定]

スポンサードリンク





今年の就活は3月に採用情報の広報が解禁され、各社一斉に採用活動が
スタートしました。

3月以前からインターンシップやプレエントリーの受付を行う企業もあり、
企業も大学も学生も手探りの状態が続いていましたが、今年は例年以上に
内定辞退が大きな問題になりそうです。

これまでは大手・有名企業の採用活動が一段落した後、中堅・中小・
ベンチャー企業が採用活動をスタートさせていました。

『内定を得ていない学生』をターゲットとして採用活動を行うというように、
完全に棲み分けができていました。

例年以上に内定辞退が起きそうな最大の要因は、中堅・中小・ベンチャー
企業が先に内々定を出し、後から大手・有名企業が選考開始というように、
これまでとは逆の流れになったことです。

経団連の指針に従う大手・有名企業が選考を始める8月1日以降、
中堅・中小・ベンチャー企業では内定辞退が相当数あるでしょう。

すでに内々定を複数得ている学生にとったは、自分が就職する企業を
1社だけに絞ることになります。

内々定がない学生にとっても、内々定辞退によって空きが出れば、
チャンスが増えることでしょう。

しかしながら、大手・有名企業に内定者を奪われる中堅・中小・ベンチャー
企業にとっては、たまったものではありません。

企業側としては、『優秀な人材であれば、複数企業から内定を得るのは当然』
と理解していても、8月以降に内々定辞退があった場合、後がなくなるまでは
思いませんが、相当厳しく、苦しい状況に陥ってしまいます。

オワハラなどが表面化し、これまで企業が行っていた内定承諾書を提出させる
行為も慎重にならざるを得ません。

内定者フォローや内定者懇親会で会う学生をよくみていると、

「この学生は他の企業の選考を受けているな」
「内定承諾書を提出したものの、まだこの会社でいいのか迷っているな」
「もっと上位の企業へ挑戦したそうだな」

といった心の揺れが目につきます。

しつこく言われることで嫌になって、内定を辞退するタイプもいますし、
様子見をしているつもりが放ったらかしにされていると感じて、不安になる
タイプの学生もいます。

学生のタイプ・性格を見極めながら、フォローしていきましょう。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。