So-net無料ブログ作成
検索選択

『素直』と『従順』は違う [大卒]

スポンサードリンク





自社が求める人材像として、『素直な人』というキーワードは
よく挙げられます。

この『素直な人』と混同されるのが『従順な人』ですが、
何でも言うことを聞く『従順な人』と『素直な人』は別物です。

goo辞書『従順』では、

●性質・態度などがすなおで、人に逆らわないこと。
●おとなしくて人の言うことをよく聞くこと。また、そのさま。

とあります。

goo辞書『素直』では、

●性質・態度などが、穏やかでひねくれていないさま。従順。

とあります。

辞書をみても似ているので混同しがちですが、『従順な人』とは
イエスマンのごとく上司に言われたことを行うだけの指示待ちの人だと
思っています。

『素直な人』は相手の言うことを黙ってそのまま鵜呑みにせず、
相手の言うことも受入ながら自分の考えや意思で動く人だと思います。

社員からみると、指示を出すたびに質問してくる新入社員よりも
質問してくることもなく、指示されてことに疑問を持つこともく、
自分の指示通りに動いてくれる『指示待ちの人』が楽です。

でも企業は自社を成長させるだけでなく、永続させるためには、
大企業でもベンチャー企業でも優秀な人を求めています。

優秀な学生でも個性の強い人や我の強い人よりも、会社の色に
染めやすい人を求めていますし、優先して採用していると思います。

また、新卒から採用して戦力になるまで育てるためには、コストも
かかりますし、時間も手間もかかります。

新卒にかけた投資を回収するために、企業は長期にわたる雇用によって
回収しようとするのが大手企業などのやり方です。

そのためには、将来起業を目指す学生よりも組織の中で安定を望む
学生を採用する方が退職のリスクが少なくなります。

自社に合うのは『従順な人』なのか、それとも『素直な人』なのか
現職の社員をみて判断してみましょう。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。