So-net無料ブログ作成
検索選択

解雇・雇い止め、最少の47万人 [事例紹介]

2015年3月22日付の日本経済新聞に
『解雇・雇い止め 最少の47万人』の見出しで、解雇や
雇い止めが減ったことを報道しています。

記事によると、

『2014年の完全失業者のうち、解雇や雇い止めなど
勤め先の都合で前の職場を辞めた人は47万人と前年より
14万人減り、比べられる02年以降で最も少なかくなった』

とあります。

その背景として、

『景気回復で企業の倒産が減ったうえ、新たな人手を雇うのが
難しい』

『企業が人材を長くつなぎとめようとする動きが広がっている』

と記事に書かれています。

それでも、会社都合による退職は47万人もいることには
唖然とするしかありません。

その他にも記事には2014年の有効求人倍率が、

『1.09倍と23年ぶりの高さになった』

とあるように、求職者1人に対して1件以上の求人がある
ことになります。

しかしながら、有効求人倍率は求職者1人に対して1何件
の求人があるかを示す比率に過ぎません。

マッチングも問題、若年層の志向や就業観の変化など
さまざまな問題があります。

移民の受け入れよりも、こういった未就職者や失業者
対策を進めるべっきだと思います。

学研ココファン:契約社員をすべて正社員化 [事例紹介]

2015年3月21日付の日本経済新聞に
『契約社員を全て正社員に』の見出しで、学研グループで
介護保育を手がける学研ココファンホールディングスが
4月から引っ越しを伴う転勤がない地域限定の正社員制度
を導入することを報道しています。

今回の制度の導入で、

『契約社員の雇用形態は廃止し、介護や保育の現場で働く
すべての契約社員700人を正社員にする』

そうです。

他の介護会社も正社員化を進めており、

『大手のセントケア・ホールディングスは2014年3月期
までの3年間で非正規雇用の約500人を正社員にした』

と記事に書かれています。

厚生労働省の人材確保・育成対策推進会人材不足が
顕著な重点分野として位置づけているのは、『介護、保育、
看護、建設』の4分野になります。

少子化高齢社会は、もう待ったなしの状態です。

人材不足が顕在化している業種でも、大手企業を
中心に正社員化で人材を確保でしますが、小規模事業所
では、正社員化による人材確保は難しいのが実情です。

先輩から聞いていたアドバイスとまったく違う [大卒]

就活スケジュールが『後ろ倒し』になった2016年3月
卒学生ですが、これまでと違うスケジュールのため

『もう内定をもらっている人がある。自分は出遅れて
いるのではないか』

『先輩から聞いていたアドバイスとまったく違う』

といったとまどいや不安をよく聞きます。

就職活動解禁初日の3月1日に東京都渋谷区で開催
されたアイデム主催の合同説明会に約2,500人もの
学生が詰めかけた結果、人気企業のブース前は学生で
身動きが取れず、入場規制をかけるなど混乱が生じました。

もともと会場の定員は1,000人で、想定を上回る学生が
来場したことによる混乱のようです。

大学3年生の7割以上が参加したといわれるインターンシップ
を含めると、就活期間は伸びています。

予想通りといえますが、大人の都合で振り回される学生こそ
いい迷惑かもしれません。

焦ることなく、長期戦を視野に入れて活動をして欲しいと
心から思っています。

コミュニケーションのための特別な仕掛け:後編 [事例紹介]

2015年3月16日の日本経済新聞記事に、
『なぜか職場でおやつ・家族・・・』という見出しで、
コミュニケーションのために特別な仕掛けを行う企業が
紹介しています。

前編ではウィルドの『おやつタイム』、中編では万協製薬が
行う取組み『疑似家族』を紹介しました。

後編では、カタログ通販フェリシモが趣味などの
部活制度『しあわせ文化創造委員会』を紹介します。

毎週水曜日の午前中を部活動の時間にあてており、
コミュニケーションの活性化以外の狙いとして、会社への
貢献も意識させているそうです。

具体的な事例として、猫好きが集う猫部は、愛猫家向けの
商品約100アイテムを企画し、規格商品で年間1~2億円
を稼ぎ出しているそうです。

捨て猫の里親探しなどのボランティア活動にも取り組んで
いる猫部の部員は10人で、部署も年齢も性別もさまざなま
社員が集まっています。

社員数が少なくても、意外とお互いのことは知らないものです。

自社でもできそうなコミュニケーション作りのための仕掛けを
導入することで、社内の人間関系が円滑になるかもしれません。

コミュニケーションのための特別な仕掛け:中編 [事例紹介]

2015年3月16日の日本経済新聞記事に、
『なぜか職場でおやつ・家族・・・』という見出しで、
コミュニケーションのために特別な仕掛けを行う企業が
紹介しています。

前編では、ウィルドの『おやつタイム』を紹介しました。

中編では、万協製薬の『疑似家族』を紹介します。

2007年に離職率が20%近くになったことをきっかけに、
毎年約100人の全社員を4~5人ずつにグループ分けし、
疑似家族を作るという施策を行っています。

部署や年齢が異なるようにグループ分けし、上司・同僚
とは違うナナメの関係を築かせることが目的です。

会社が費用を負担する食事会を定期的に開き、最後には
旅行に行くそうです。

効果はてっきめんで、離職率は5%弱に下がったそうです。

後編では、カタログ通販フェリシモが行っている趣味など
の部活制度『しあわせ文化創造委員会』を紹介します。

コミュニケーションのための特別な仕掛け:前編 [事例紹介]

2015年3月16日の日本経済新聞記事に、
『なぜか職場でおやつ・家族・・・』という見出しで、
コミュニケーションのために特別な仕掛けを行う企業が
紹介されています。

前編・中編・後編の3回にわけて、実例として取り上げ
られているウィルド、万協製薬、フェリシモの事例を紹介
します。

前編では、ITコンサルティング会社ウィルドの
『おやつタイム』を紹介します。

毎週火曜日の午後3時から30分間、職場の全員が喫茶
スペースに集まり、おやつを食べながら、趣味や家族など
プライベートを語り合うそうです。

おやつ代は会社持ち、おやつタイムでは仕事の話は禁止。

おやつタイムを導入した結果、相互の親近感が高まり、
コミュニケーションが取りやすくなったそうです。

中編では、万協製薬が行う取組み『疑似家族』を紹介します。

大和ハウスの生涯雇用『アクティブ・エイジング制度』 [事例紹介]

3月28日のサンケイビズに、

大和ハウス「生涯現役」制度 大手初、定年後雇用
に期限なし』

の見出しで、

『65歳で定年を迎えた社員が無期限で働き続ける
ことができる再雇用制度を設ける』

ことを発表しました。

継続雇用を『最長70歳まで』としている企業もありますが、
記事本文にもあるように、

『2013年4月に高年齢者雇用安定法が改正され、
60歳以降の継続雇用が企業に義務付けられたことで、
企業の定年は事実上、65歳に伸びた』

ことで、ほとんどの企業は60歳で定年を迎え、継続
雇用として65歳までとなります。

今回、大和ハウスが導入する制度は、65歳での
定年後も嘱託社員として年齢制限を設けずに再雇用
する『アクティブ・エイジング制度』です。

記事にもありますが、

『後進に技術や経験、人脈を引き継ぐとともに、
住宅建設業界が頭を痛める人手不足の解消にも
つながる』

素晴らしい制度だと思います。

高齢化社会、少子化問題の解決策としても、
年齢制限を設けない再雇用制度は、実施しやすく
効果も予測可能です。

小さな会社では高齢の職人さんが現役で働いており
『生涯現役制度』を実践しています。

もっと多くの企業が、大和ハウスのように年齢制限を
設けない『生涯現役制度』を導入してもらいたいものです。

同族経営の難しさを大塚家具のお家騒動から考える:後編 [他社事例研究]

日本企業では多くの同族企業が存在しています。
このようなお家騒動が起きた場合、採用活動に
与える影響について、前編・後編の2回にわけて
考えてみます。

前編では、大塚家具のお家騒動、同族経営の定義
について紹介しました。

後編では、お家騒動が起きている会社に応募する
メリットについて考えてみます。

世間から悪い意味で注目を集めている大塚家具
ですが、リクナビ2016で新卒採用を行っています。

株主総会の結果、現社長が経営権を掌握しましたが、
会長、社長のどちらが経営権を掌握しても、新入社員
には大きな影響はないかもしれません。

しかしながら、どちらが経営権を握ったとしても、再び
勢力争いがおきる可能性がないとは言い切れませんし、
社歴が長くなれば自分の意思とは関係なく、派閥争い
に巻き込まれてしまいます。

お家騒動が起きている会社に応募するメリットは、
売り手市場の今はほとんどない気がします。

このような場合、いったん新卒採用を停止して、
株主総会後に改めて募集を再開する方が良かった
のではないかとも思います。

同族経営の難しさを大塚家具のお家騒動から考える:前編 [他社事例研究]

大塚家具で経営権をめぐる父娘の争いが起きて、
3月27日の株主総会で現社長らを取締役と選任する
会社提案が過半数の賛成を獲得しました。

日本企業では多くの同族企業が存在しています。
このようなお家騒動が起きた場合、採用活動に
与える影響について、前編・後編の2回にわけて
考えてみます。

前編では、大塚家具のお家騒動、同族経営の定義
について紹介します。

創業者の会長と、社長である長女の泥沼の争いが
表面化した大塚家具のイメージは、悪化の一途です。

この争いで見えてくることは、親から子へ事業承継
することの難しさ、同族経営の難しさです。

ここで、『同族経営』の定義を確認しておきます。

ウィキペディアで『同族経営』をみると

『日本では、経済全体に占めるファミリービジネス
ウエイトは極めて大きい。例えば、企業数で見ると、
全体の約95%はファミリービジネスである』

雇用者数は全体の6~7割を占めている』

『日本のファミリービジネスは海外に比べて長寿という
傾向も見られる。業歴100年超のファミリービジネスは、
欧州全体で6,000社、米国では800社と言われて
いるのに対して、日本では3万社と推測されている』

とあるように、日本は圧倒的に同族経営が多く、成功
している企業もたくさんあることがわかります。

後編では、お家騒動が起きている会社に応募する
メリットについて考えてみます。

企業イメージが悪化した日本マクドナルドが低迷している:後編 [他社事例研究]

デフレの勝ち組といわれていた日本マクドナルドは、
企業イメージが悪化した結果、業績が低迷しています。

低迷の原因と採用に与える影響について、考えて
みたいと思います。

前編では、日本マクドナルドの現状、低迷の原因に
ついて考えてみました。

中編では、3月25日に開催された日本マクドナルド
の定時株主総会の様子を紹介しました。

後編では、日本マクドナルドの事例から、中小企業
零細企業が参考にできることを紹介します。

中編では、原田泳幸会長が「中国産をはじめとした
外国産の食材でも問題ない」という趣旨の発言を
したことを紹介しました。

しかしながら、世間の感覚では中国産食品に対する
信頼感は低下しており、価格が高くても国産品を選ぶ
傾向にあります。

そんな流れと逆行するような回答では、多くの人を
納得させるのは難しいと思います。

日本マクドナルドは自社HP以外に、リクナビ2016
でも新卒採用のエントリーを受付中です。

ブランドといった良いイメージを作るには、長い時間が
必要ですが、悪いイメージが広がるのはあっという間です。

ネット時代では、悪いイメージこそ拡散してしまいます。

中小・零細企業でも、会社説明会や面接での対応、
電話問合せへの応対など、学生に不快感を与えない
ように注意することが大事です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。