So-net無料ブログ作成
検索選択

学生の就職活動をめぐる人材関連企業の対応:2 [大卒]

5回にわけて、人材関連企業が学生の就職活動を巡って
行っているさまざまな対応をみていきます。

1回目では、どのような対応が行われているのか記事
からみてきました。

2回目では、求人サイト運営のディップの対応をみて
いきます。

日本経済新聞の記事によると、例年春先は学生アル
バイトが卒業し、補充の時期を迎えますが、今年は
就職活動に力を入れる4年生が多く、学生アルバイト
の補充が進んでいないケースも多いそうです。

これに対応して、ディップは学生向け求人サイト
『学生バイトル』を、人気職種ランキングや学校名から
求人情報を検索できるように、今春からリニューアル
したそうです。

アルバイトをしたい学生を増やし、人材不足に悩む
企業のニーズに応えるとのことです。

3回目では、求人情報大手のリクルートジョブスの
応をみていきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

学生の就職活動をめぐる人材関連企業の対応:1 [大卒]

2015年4月18日付の日本経済新聞に、
就活春解禁でバイト不足 学生募集あの手この手
という見出しで、人材関連企業が学生の就職活動
めぐって、さまざまな対応をみせていると報じています。

2016年採用から、企業は面接・試験などを例年より
4ヶ月遅らせ3月解禁としました。

5回にわけて、人材関連企業が学生の就職活動を巡って
行っているさまざまな対応をみていきます。

1回目では、どのような対応が行われているのか記事
からみていきます。

記事には具体的な対応として、

●就活でアピールできる短期アルバイトの募集を始めた
 企業がある

●アルバイトが不足しているッ企業が多いとみて、学生
 募集のサイトを刷新する動きがある

●就活生を採用する企業の採用担当者向けに、ネットで
 口座を開く

といった事例をあげています。

2回目では、求人サイト運営のディップの対応をみて
いきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

必要な人材を確保できていない中小企業が4割 [人手不足]

2015年4月25日付の読売新聞に、
『中小4割人手不足』の見出しで、政府が24日に
2015年度版の中小企業白書を閣議決定し、その中で
必要な人材を確保できていない企業が4割近くにのぼり、
景気回復の足かせになると報じています。

記事によると、

●東日本大震災の復興事業などを背景とした建設業
 人手不足に拍車がかかっている。

●高齢化の進展で、医療福祉関連でも人手不足が
 進んでいる。

とあります。

白書では、『高い離職率も中小企業の人手不足の要因』
と分析しています。

新卒者の4割以上が3年以内に会社を辞めている現状で、
会社の規模が小さくなるほど離職率は高かったそうです。

その他にも、記事では

『同世「代の社員が周囲にいないことが負担になることが
多い」と指摘し、同じ地域のた企業と共同で若手の研修
機会を設けるなどの取り組みを促した』

とあります。

大卒者は同世代の先輩社員がいれば、その中でうまく
コミュニケーションを取っていきますが、私の経験上、
高卒者1名だけでは疎外感・不安感も高いので、1年
持たずに辞めてしまう確率は高いように感じます。

人件費が増えることは負担になりますが、毎年1名でも
いいので途切れることなく新卒者を入れることが、
新入社員が長続きするポイントです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

官公庁と民間企業の人材争奪戦 [大卒]

2015年4月3日付の日本経済新聞に
就活、官民で人材争奪』という見出しで、経団連の
指針を受けて各省庁が面接開始を昨年より1カ月遅い
8月にしたため、民間企業と人材争奪が過熱している
と報じています。

各省庁が企業の選考時期と合わせたことにより、企業と
官公庁を併願する学生は日程面で就職活動が厳しくなり、
国家公務員の受験者数も減りそうです。

企業側も採用期間の短期化だけでなく、官公庁との
優秀人材の争奪戦で、採用予算を増やして対応しようと
しています。

2016年卒採用から適用となった後ろ倒しの就活ですが、
学生もとまどっていますし、企業も対応に苦慮しています。

今回の記事で、官公庁にも焦りが出ていることがわかりました。

大混乱を招いている就活の後ろ倒しスケジュールですが、
学生の認知度が低い中小企業・零細企業は新卒採用で苦戦が
続き、中途採用でも厳しい状況にあります。

2017年採用では、今回経験したことを改善して企業側が
対応を改善していくのか、それとも混乱は続くのか今の段階
ではわかりません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

専門職大学が実現か [大卒]

2015年4月15日付の日本経済新聞に
『専門職大学を諮問』という見出しで、下村博文
文部科学相が14日に実践的な職業教育を行う
新たな高等教育機関の制度づくりを中央教育審
議会(中教審)に諮問したことを報じています。

以前に書いた記事『技能訓練の専門大学って何?
では、『政府が簿記や金属加工など専門的な技能
を習得する「新たな大学の制度」をつくる』ことを
紹介しました。

今回の記事は、前回よりもさらに進んだ内容で、
『質の高い職業人養成や社会人の学び直しなどが
目的で、現在の大学と同水準の教育内容とする』
そうです。

以前の記事『技能訓練の専門大学って何?』でも
書きましたが、『就職するための「技能訓練大学」
ではなく、社会で生き抜ける「人財」を育てること
が大事』だと思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

人手不足倒産の増加 [人手不足]

2015年4月20日付の読売新聞に
『人手不足倒産16%増』という見出しで、東京商工
リサーチの調べで、2014年度に人手不足に関連して
倒産した企業件数が、全国で311件、前年度より
16%増えていたと報道されていました。

記事によると、倒産の内訳は『求人難』『人件費高騰』
『後継者難』などの理由だそうです。

『求人難』が要因となったケースは27件で、前年度の
11件から2.5倍に急増しています。

近畿2府4県でも、0件から2件となっています。

人手不足の結果、今いる従業員をつなぎ止めるために、
給与を上げないと辞めてしまいます。

従業員の給料が上がり、資金繰りが悪化したことなどに
よる『人件費高騰』型の倒産も全国で29件と、前年度の
2.4倍に増えたそうです。

人手不足を解決する手段として、移民を受け入れようと
一部のマスコミを中心に騒いでいます。

一時の人手不足を解消するために、移民を受け入れたり、
外国人労働者を受け入れるのではなく、もっと根本的に
若者が正社員として就職できる仕組みを構築することを
進める方が有益だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

大阪大の学生向けオリジナルウイスキー「光吹―MIBUKI―」 [事例紹介]

2015年4月16日付の日本経済新聞に
キャンパス発 この一品 学生向けウイスキー
大阪大』という見出しで、大阪大の学生がサントリー
スピリッツの協力で、同校の学生向けオリジナル
ウイスキー「光吹―MIBUKI―」を開発し、販売を
始めたという記事がありました。

大阪大のホームページでは、既に通信販売分を完売
したとあります。

記事によると今回のプロジェクトは、文理の枠を超えた
独創的な博士人材の育成を目指す『超域イノベーション
博士課程プログラム』を履修する文学研究科や理学研究所
の院生が授業の一環で、学生向けのウイスキーの開発に
取り組んだそうです。

以前、『大学に産学協同をできないか声かけしてみよう
という記事を書きましたが、自社が採用したいと思う
大学や、自社近くにある大学、自社の沿線にある大学
に差bbが苦境動画できないか、声かけしてみましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就活生にもクールビズを:5 [大卒]

後ろ倒しとなった2016年卒採用では、炎天下の
8月が選考のピークになります。

就活生の選考に、無理なくクールビズを取り入れる
方法を前編、後編の2回にわけて考えてみたいと
思います。

1回目では、企業でのクールビズの状況、就活生の
クールビズの状況について、みてきました。

2回目では、企業側がどういう対応をとれば学生が
安心するのか、考えてみました。

3回目では、企業側が配慮する3点のうち1点目に
ついて、具体的にみてきました。

4回目では、企業側が配慮する3点のうち2点目に
ついて、具体的にみてきました。

5回目では、企業側が配慮する3点のうち3点目に
ついて、具体的にみていきます。

(3)自社の選考で適切なクールビズの服装を提示する

⇒男性のクールビズは、ノーネクタイ・ノージャケット
 ですが、女性のクールビズは社会人でもなかなか
 イメージがわきません。

⇒就活中の女子学生は、どのような格好をしたらいいのか
 判断しにくいので、自社が考えるクールビズの服装を
 提示してあげましょう。

クールビズの服装についての明確な基準や、クールビズ
期間中は就活生もクールビズでOKという自社の姿勢を
学生に伝えることが必要になります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就活生にもクールビズを:4 [大卒]

就活生の選考に、無理なくクールビズを取り入れる
方法を前編、後編の2回にわけて考えてみたいと
思います。

1回目では、企業でのクールビズの状況、就活生の
クールビズの状況について、みてきました。

2回目では、企業側がどういう対応をとれば学生が
安心するのか、考えてみました。

3回目では、企業側が配慮する3点のうち1点目に
ついて、具体的にみてきました。

4回目では、企業側が配慮する3点のうち2点目に
ついて、具体的にみていきます。

(2)面接官もクールビズで対応することを徹底する

⇒『クールビズでお越しください』と言いながら、
 本当にクールビズで来た学生に対して、「マナーが
 なっていない」「常識」と切り捨てるのは、あまり
 にも理不尽だと思います。

⇒クールビズ期間中であっても、ネクタイスーツ
 着用する社員は必ずいると思います。その社員は、
 面接官から除外するといった対応が必要です。

5回目では、企業側が配慮する3点のうち3点目に
ついて、具体的にみていきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就活生にもクールビズを:3 [大卒]

後ろ倒しとなった2016年卒採用では、炎天下の
8月が選考のピークになります。

就活生の選考に、無理なくクールビズを取り入れる
方法を前編、後編の2回にわけて考えてみたいと
思います。

1回目では、企業でのクールビズの状況、就活生の
クールビズの状況について、みてきました。

2回目では、企業側がどういう対応をとれば学生が
安心するのか考えてみました。

3回目では、企業側が配慮する3点のうち1点目に
ついて、具体的にみていきます。

(1)選考結果に服装は影響しないことを徹底する

⇒就活にふさわしくない服装は問題外ですが、服装で
 合否を判断しないことを社内外で徹底すべきです。
 当然ですが、大学や学生への広報を徹底するように
 しましょう。

⇒歴史のある固い企業では、役員や管理職ほど保守的
 なものです。自社内への広報を積極的に行い、意識
 を変えてもらう必要があります。

4回目では、企業側が配慮する3点のうち2点目に
ついて、具体的にみていきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。