So-net無料ブログ作成
インターンシップ ブログトップ

自社で無理なくできる長期インターンを考えてみよう [インターンシップ]

2015年7月19日付の日本経済新聞に
『ユニクロ、海外で学生インターン 8月にマレーシアで』という見出しで、
日本の学生向けに初めて海外でインターンシップを開くとありました。

記事によると、

●成城大学の学生数人をマレーシアの店舗で5日間受け入れる
●現地での店舗運営や商品の販売計画作りなどを経験してもらう

とあります。

他にも、法政大学と連携してオーストラリアの店舗でも受け入れるそうです。

日本国内でも、京都産業大学と連携して京都市内の店舗で長期インターンを
実施し、学生を受け入れるようです。
京都産業大学は、15週間の長期有給インターンシップを実施しており、
今回もその一環かもしれません。

海外に拠点を持たない中小企業では、マスコミが飛びつきそうな派手な
インターンは行えません。

では、中小企業のインターンシップはどうのような内容がいいのでしょうか。

イベント要素の強いワンデイインターンシップは、大学は評価していません。
長期インターンシップのメリットとして、社員と同じ実務を行えることです。

新入社員が入った時と同じように、OJT形式(On the Job Training)
によりゼロベースで仕事を教えてもらい、週1~3日のペースで働きます。

もちろん、社員と同様に8時間勤務となります。

長期インターンシップを受け入れる場合、世代の近い若手社員に学生の面倒を
任せて、最終日には社長自ら食事に誘って、学生が自社に興味があるかどうか
見極めることが大事です。

大手企業と勝負しても勝てませんので、自社で無理なくできる長期インターンを
考えてみましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

今さらインターンシップを受け入れても遅いのか? [インターンシップ]

倫理憲章に基づき、採用スケジュール「後ろ倒し」を
遵守する大手企業に対して、外資系企業や中堅企業は
既に3月以前に学生への接触を始めています。

その代表例として、インターンシップが挙げられます。

では、中小・中堅企業は新規でインターンシップを導入
しても、もう遅いのでしょうか?

そんなことはありません。

上位校の学生の多くは、早い段階で内定をもらいます。

でも、上位校の中でも、なかなか内定をもらえない学生は
たくさんいます。

下位校の学生なると、さらに厳しい就活が予想されます。

大手企業の採用活動が一段落する夏休みを目指して、
インターンシップの受け入れを検討しましょう。

インターンシップをスタートする前に、なぜ実施するのか
目的をはっきりさせることが大事です。

社会貢献もありますが、本来の目的は採用を意識して
行うべきです。

そのためには、自社に入社後がイメージできるような
プログラム内容が重要です。

営業回りに同行させる、工場があればそこも経験させる、
店舗があれば働いてもらう、といった自社内で想定される
あらゆる職務内容を体験してもらいましょう。

1名の採用であれば、1名の応募で十分です。
自社に入社して、ずsつと働いてくれるかそうか探し出す
ことを意識してください。

応募者の母集団の多い、少ないは関係ありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

高校生インターンシップは受け入れるべきか? [インターンシップ]

大学生だけでなく、高校生もインターンシップを行っています。

その前に、私の個人的見解ですが、高校生の採用段階では
高校の分類は下記の三種類があると考えています。

(1)ほとんどの生徒が大学に進学する進学校
(2)大学へ進む生徒、専門学校へ進む生徒、
   就職する生徒がそれぞれ1/3前後の中間校
(3)生徒の半分以上が就職する下位校

では、高校生の2人に1人が大学に進学する全入時代で、
就職するのはどういった生徒でしょうか?

(1)家庭の事情で進学できない
(2)学力不足で進学できない

中小・零細企業が採用すべきは、上記で三種類に分類しましたが
(2)の高校で就職を希望する生徒です。

その中から、さらに下記2つの条件に合う生徒を採用でき、
大事に育てていけば必ず戦力になってくれます。

(1)大学へ進学する学力はある
(2)でも、家庭の事情で進学できない

では、どうしたらそういう生徒に出会えるのでしょうか?

高校生は未成年者のためハローワーク経由になります。
彼らと接触するには、進路担当の先生に自社を推薦して
もらうしか方法はありません。

では、進路担当の先生に自社を生徒に推薦してもらうには、
どうしたらいいのでしょうか?

まずは、進路担当の先生と信頼関係を築くことです。
そのための手段の一つとして、インターンシップを受け入れるのです。

大学のキャリアセンターと違って、高校の進路担当の先生は
就職専任ではありません。

就職する生徒が多い高校では、インターンシップを受け入れて
もらえる企業は、先生にとっては大事な受け入れ先になります。

こちらの要求だけを受け入れてもらうのではなく、先方が望むものも
受け入れることが大事です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

中小・零細企業はインターンシップを受け入れた方がいいのか? [インターンシップ]

2016年卒採用から就職活動のスケジュールが大きく変わります。
そうした中で、少しでも早く学生に接触できる手段として、
インターンシップが注目されていますが、そもそもインターンシップ
経由で採用できるのでしょうか?

就活前で企業研究もできていない段階では、ほとんどの学生は
CMなどで名前を知っている大手企業にエントリーが集中します。

大手企業が主に行う1日限定の1dayインターンシップに参加して、
一体何の意味があるのかと思ってしまいます。

外資系企業、ベンチャー企業は採用直結型インターンシップを
行っており、極端な例では採用者のほとんどがインターンシップ
経由という会社もあります。

では、中小・零細企業はどのように対応したらいいのでしょうか?

ベンチャー企業・中小企業が行っている長期実践型インターンシップを
自社流にアレンジするのがベストだと思います。

正直、学生を受け入れる負担は重いのですが、知名度の低い
中小・零細企業はインターンシップで受け入れした学生の中から
採用することも検討すべきです。

では、具体的に考えてみましょう。

受入人数:数名。1人だと学生も気が重い。
待遇:研修生。インターンは無給というイメージがありますが、
    アルバイト代として給料を支給してください。
出勤日:週2~3日。学業との両立が必須です。
期間:1ケ月~6ケ月。
仕事内容:社員と同じ仕事をすることで、イメージができます。
       実際の仕事は、地味な作業の積み重ねです。

インターンシップの情報サイトに、わざわざお金を払う必要はありません。

大学のキャリアセンターに相談してみましょう。
大学もインターンシップを受け入れてくれる企業を探しています。

当たり前のことですが、研修と称して学生を無給または安い賃金で
働かすのは言語道断です。

ポイントは、よそ行きの顔で受け入れをしないことです。
普段のままで受け入れて、入社後のギャップをなくすことが大事です。

採用することがゴールではありません。
自社の戦力として大事に育てる気構えを持って、インターンシップを
行えば、必ず学生にも気持ちは通じますよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
インターンシップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。