So-net無料ブログ作成
ハローワーク ブログトップ

トライアル雇用を使って採用するメリットはあるのか? [ハローワーク]

ハローワークで求人を出す際、「トライアル雇用で検討されては
どうでしょうか?」とアドバイスを受けることがあります。

正式には「若年者、中高年齢者トライアル雇用併用求人」といい、
ハローワークの求人にのみ適用される制度です。

未経験もしくは経験の浅い方の雇用を促すことを目的に、トライアル
として3ケ月間以内の有期雇用契約を結び、企業、求職者双方が
その期間をお試し期間とする制度です。

お試し期間の終了時、企業(事業主・雇用者)と従業員(求職者)が
お互いに合意すれば、正社員として採用となります。

求職者からみれば、無事に正社員として入社となるわけです。

トライアル期間が3ケ月の場合、1ケ月前の2ケ月目には正社員と
として雇用するかどうか、判断しないといけません。

トライアル期間で求人を出す企業のメリットとしては、求職者の
実際の働きぶりを見て使えそうか、辞めそうにないか、といった
ことを判断できます。

つまり、トライアルの結果、企業側が採用したい場合、もしくは
採用して教育すれば戦力になると判断した場合のみ、正社員
として採用できることです。

他にも、トライアル雇用の実施を申告することで、奨励金が支給
され(最大で3ケ月間ですが)人件費をおさえることができます。

でも、逆のこともありえます。

求職者も仕事内容が自分に合うのかどうか、社風、同僚・上司など
との人間関係を実感できるというメリットがあります。

企業が採用しようと思っていても、求職者が「この会社ではずっと
働けない」と判断した場合、正社員として雇用しようとしても、逆に
断られることもあるわけです。

人を雇用すると、最大6ケ月までの試用期間を設けますが、
正社員で採用した場合、使えないと判断しても「使えないから解雇」と
カンタンにできません。

うまく活用すれば、ミスマッチを防げます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

ハローワークと求人サイト・求人誌への求人の違いは何か? [ハローワーク]

企業側からすると、ハローワークに求人を出す一番の
メリットは、費用がかからないことです。

ただし、デメリットもあることを理解してください。

求職者から見れば、求人広告費を捻出できない、あるいは
ケチる企業と思われる可能性があるということです。

つまり、中小・零細企業でもちゃんと利益を上げていて、
優秀な人材を採用したいのであれば、予算をかけて
求人サイトや求人誌に求人広告を出すのではないか、
と思う人もいるということです。

しかしながら、ハローワークに求人を出すには、

①雇用保険の適用事業所であること

②求人内容に対する厳しいチェックが行われ、
  労働基準法等に違反する記載は訂正が必要

なんですが、こういったことを求職者は知りません。

掲載料をもらう求人サイト・求人誌は、ハローワークほど
厳しいチェックはありません。

この2点がハローワークと求人サイト・求人誌の求人との
大きな違いになります。

では、中小・零細企業ではどうすればいいのでしょうか?

この場合、職種で媒体を分けるという視点がとても大事です。

工場などの現業職については、ハローワークでの求人で
十分対応できるのではないでしょうか。

経理などの事務職についても、求人自体が少ないので、
タイミングがよければハローワーク経由でも優秀な人材は
採用することができます。

ただしm営業や専門職(デザイナー、SEなど)の募集は、
ハローワークにも求人を出し、求人サイトや求人誌への
広告出稿を検討しましょう。

予算に余裕がある場合、人材紹介を検討してください。

人材紹介会社で、ある程度は絞り込んでくれるので、
採用の手間が省けます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

新卒応援ハローワーク、学生職業総合支援センター、ジョブカフェの違い:後編 [ハローワーク]

前編では新卒応援ハローワーク、中編では学生職業総合
支援センターについて、それぞれ解説しました。

3回目となる後編では、ジョブカフェについて解説しますね。

■ジョブカフェ
厚生労働省のホームページを見ると、正式名称は
「若年者のためのワンストップサービスセンター」というそう
ですが、正直なところ知りませんでした。

通称のジョブカフェの意味は、カフェ感覚で気楽に立ち寄る
ことができ、さまざまな雇用関連サービスを受けられる場所
ということです。

各都道府県(46都道府県に設置されています)が主体的に
設置する若年者を対象とした支援施設です。

原則として15歳から34歳までが対象となりますが、地域に
よって上限年齢は異なります。

上限年齢については、自社のある都道府県のジョブカフェで
確認してください。

ジョブカフェは、仕事を探す若年者のために

①就職に関する情報提供、
②職場体験、
③キャリア・カウンセリング、
④就職・転職に役立つ就職対策セミナー

といった、さまざまなサービスをワンストップ(1ヶ所)で
受けられます。

各都道府県が運営主体のため、職業紹介権(無料職業
紹介を行う権利) を保有していないジョブカフェが多いのが
実情です。

そのため、厚生労働省が各都道府県の要望に応じてジョブ
カフェにハローワークを併設して、職業紹介を行っています。

では、企業の採用活動ではジョブカフェをどのように活用
すればいいのでしょうか?

ジョブカフェは、

①正社員としての就職を希望するフリーター
②現在、仕事をしていない若年者

の就職を支援するために作られた場所なので、
そういう方を採用する場合に活用してください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

新卒応援ハローワーク、学生職業総合支援センター、ジョブカフェの違い:中編 [ハローワーク]

前編では、新卒応援ハローワークについて解説しました。

2回目となる中編では、学生職業総合支援センターに
ついて解説しますね。

■学生職業総合支援センター
学生職業総合支援センターは、

①大学院・大学・短大・高等専門学校・専修学校などの学生、
②これらの学校を卒業後まだ就職が決まっていない方
 (20歳代まで)、
③いったんは就職したものの早期に離職された方
  (20歳代まで)

を対象に、就職支援を行う若者専門のハローワークです。

また、学生職業総合支援センターは、エリアによって
学生職業センターや学生等職業相談窓口というように
名称が異なり、支援内容にも差があります。

学生職業総合支援センターは、全国の学生職業センター・
学生等職業相談窓口の中核と位置付けられており、
職業相談・職業紹介、就職面接会などを実施しています。

学生職業センター・学生等職業相談窓口は、大学、短期大学、
高等専門学校、専修学校等の学生等を対象とした就職支援
のための専門窓口で、新卒者に対する求人情報の提供、
職業相談、職業紹介などを行っています。

学生職業センター・学生等職業相談窓口は、都道府県が
主体的に設置するジョブカフェと同じ建物内に設置されて
いることが多いようです。

私はこれまで大阪学生職業センターを活用したことがないので、
どのような使い方ができるのかはわかりません。

地方の多くは学生職業センター・学生等職業相談窓口が
設置されているので、自社を管轄しているハローワークなどに
どのようなことができるのか、ぜひ相談に行ってみることを
お勧めします。

後編では、ジョブカフェについて紹介します。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

新卒応援ハローワーク、学生職業総合支援センター、ジョブカフェの違い:前編 [ハローワーク]

採用活動をしていると、様々な支援施設があります。

これらの支援施設は名称を変えることもありますので、
時にどこが何の支援をしているのかわかりにくくなります。

主な支援施設として新卒応援ハローワーク、学生職業総合
支援センター、ジョブカフェがありますが、それぞれ別の
事業になります。

前編、中編、後編の3回に分けて、それぞれの違いを
分かりやすく解説しますね。

前編では、新卒応援ハローワークについて紹介します。

■新卒応援ハローワーク
新卒応援ハローワークは、地域によってはヤングハローワーク
やヤング・ジョブと呼ばれたりします。

新卒応援ハローワークは、

①大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生、
②卒業後3年程度の方、
③新卒応援ハローワークでの支援を希望する高校生
 および既卒の方

を対象に、就職支援を行う若者専門のハローワークです。

つまり、就職先がなかなか見つからない学生、既卒学生
(卒業後3年程度という制約がありますが)で仕事が見つ
からない若者を対象にしていることになります。

新卒応援ハローワークでは、求人情報の提供や中小・中堅
企業を中心とした就職面接会を行っています。

大阪新卒応援ハローワークでは、説明会・面接会の場として
レギュラーマッチングブースを設置しています。

自社を管轄しているハローワークにそのような就職面接会を
行っているのか、ぜひ相談に行ってみることをお勧めします。

就活ナビ主催の合同企業説明会のようにたくさんの学生は
来場しませんが、学生および既卒者を数人採用使用と検討
している中小・零細企業は、自社の採用活動に取り入れて
うまく活用してください。

中編では、学生職業総合支援センターについて解説します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

ハローワークの求人にブラック企業はないのか? [ハローワーク]

外食産業でアルバイトが集まらず営業できない店が出たり、
閉店に追い込まれた店も出て、大きな話題になりました。

大手衣料専門チェーンがブラック企業だと名指しされ、社長が
批判に対して「ブラック企業ではない」と反論しました。

今日のテーマは、学生目線で話を進めたいと思います。

ほとんどの学生が登録する就職ナビはどうでしょうか?

就職ナビは企業にお金を出してもらって求人を出してもらうので、
学生受けする内容がテンコ盛りです。

こういう空気を反映して、新卒応援ハローワークで求人を探す
学生が増えてきています。

では、本当にハローワークの求人にブラック企業はないのか?

昔は職業安定所と呼ばれ、無料ということもあり求人の半分は
ずっと求人を出し続けるような企業が目立ちました。

ハローワークは求職者にとっては最後の砦という存在なので、
求人票を出す際、書類に不備がなければ受付するしかありません。

ハローワークの求人でブラックを見極める確実な方法は、
ハローワークの職員に求人を出している企業の評判を聞くことです。

過去の応募状況、何人応募があって面接中の応募者は誰か、
これまでに出した求人票の内容もほぼ把握しています。

正社員で求人票を出しているにも関わらず契約社員にされた、
残業時間が求人票と違う、といった生の情報を聞くことができます。

敵に回すと怖いですが、「○○さんは良い会社ですよ」とハローワークで
言ってもらえたら、学生は安心しますよね。

つまり、ハローワークと仲良くなることは中小・零細企業にとって、
とても大事なことだとお分かりいただけると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
ハローワーク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。