So-net無料ブログ作成
検索選択
エントリーシート ブログトップ

エントリーシートには、何を求めるべきか? [エントリーシート]

リクナビ2016では、OpenESをあらかじめ
登録しておけば、一気に企業へエントリーシートを
提出することができます。

OpenES、つまりオープンエントリーシートの
ことです。

確かに学生の手間を省けますし、企業側が質問する
内容も似たり寄ったりな面もありますので、次年度
以降マイナビなども追随する可能性もあります。

共通のエントリーシートで応募を受け付けることで、
分母は大きく伸びます。

その代わり、自社に興味が高くない学生からの
エントリーも受け付けることになります。

では、自社独自のエントリーシートは使わない方が
いいのでしょうか?

分母が少なくなっても、自社独自のエントリーシート
で応募を受け付けるべきです。

ただし、あくまでもOpenESと似たような内容では
ないことが大前提になります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

志望動機を書けない学生がいる [エントリーシート]

今の就活では、応募したい企業に対してエントリーシートを
提出することで、初めてスタートラインに立てます。

大学キャリアセンターの方とお話していると、最近よく
「志望動機が書けない学生が増えているんですよ」といった
内容のことを聞きます。

「文章化がうまくできないんじゃないですか?」とお聞きしても
「うまく文章化できない学生はマレなんですよ。その会社に
入りたいと思って、採用試験を受けるのではないんですよね」
という分析をされている方もいます。

こちらとしては、「ホンマかいな?」と思ってしまいます。

自分が関心・興味を持っている業界・企業と異なる場合は、
志望動機が書けなくなってしまうのは理解できます。

では、採用する側としてはエントリーシートの何を見たら合否を
編暖すればいいのでしょうか?

乱暴な言い方ですが、私は志望動機は流し見して終わりです。

履歴書、エントリーシート、成績証明書などは、単なる参考資料に
過ぎません。だから、そこに注目しないのです。

見るべきポイントは、

①目の前にいる人が自社で活躍できそうか
②入社して続きそうか、すぐに辞めそうにないか
③自社に合うか、合わないか

の3点で、私は特に③を重視して採用活動を行っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
エントリーシート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。