So-net無料ブログ作成
検索選択
新入社員教育 ブログトップ

【スマホネイティブの新人教育[3]】NTTデータ:いきなりアジャイルに挑戦 [新入社員教育]

2015年7月1日配信のITproに
スマホネイティブの新人教育[3]いきなりアジャイルに挑戦』の
見出しで、NTTデータの新入社員教育が紹介されています。

私はシステムに詳しくないので、「アジャイル?何それ?」という
レベルですので、まずは『アジャイル』とは何か確認したいと思います。

コトバンクの『アジャイル』をみると、

『「俊敏な」「すばやい」という意味の英単語で、要求仕様の変更などに対して、
機敏かつ柔軟に対応するためのソフトウェア開発手法。

従来は、要求仕様を満たす詳細な設計を行ったうえで、プログラミング開発や
試験工程に移行するウォーターフォールモデルと呼ばれる手法が主流だったが、
この方法では、開発途中での仕様変更や修正が困難で、技術革新や企業環境の
変化に即応することが難しくなった。

アジャイルでは、仕様や設計の変更があることを前提に開発を進めていき、
徐々にすり合わせや検証を重ねていくというアプローチをとる』

とあります。

記事によると、

『NTTデータの2015年度の新入社員は379人。約2カ月にわたって実施される
全体研修のメインは、IT知識を扱う技術研修だ』

『ITスキル別に13のクラスに分かれ、コンピュータの仕組みやアルゴリズム、
プログラミングなどについて学ぶ』

『アジャイル開発は、ITスキルが最も高いメンバーが集まる上級クラスだけの
研修項目だ』

『講義らしい講義はほとんどない。分からないことは自分たちで解決しながら
進めていくスタイルだ。分からないことをどう調べるか、というところから試行錯誤を重ね、
最終的に一つのAndroidアプリを完成させる』

『上級クラスは、豊富なプログラミング経験を持つメンバーがほとんどだ』

と記事にあるように、スキル別で研修内容を変えることで、スキルの低い新人に
研修内容を合わせる必要がなくなり、上級者は物足りなさを感じることはないでしょう。

【スマホネイティブの新人教育[2]】日立ソリューションズ:週1の自由時間で自律力アップ [新入社員教育]

2015年6月30日配信のITproに
スマホネイティブの新人教育[2]週1の自由時間で自律力アップ』の
見出しで、日立ソリューションズの新入社員教育が紹介されています。

自分たちで企画を考えて計画を立て、実行する活動「アクティブタイム」は
同社の新入社員研修の目玉だそうです。

新人教育教育を一方的に受けるのでなく、自ら進んで学ぶ形にするため、
約5名ずつの「ユニット」に分割し、「情報発信」「研修企画」といった
異なる役割を与えられ、企画を考えて実行に移します。

具体的には、

●情報発信は、各グループの新人研修の成果を記事に仕立て、同社の
 イントラサイト上でアピールする。

●研修企画は、自分たちのグループが向上させるべきスキルが何かを検討し、
 研修を企画。外部から専任講師を招くなどの調整も自分たちで行い、
 実際に開催する。

と記事にあります。

私は毎年、新入社員研修の企画も行っていますが、外部セミナーを利用した
マナー講座や、自社内の業務内容やルールの説明、就業規則などの説明は
先輩社員が講師を務めて、講義内容の企画やレジュメも任せています。

こういった座学形式では、毎年必ず居眠りをする新人がいるので困ります。

日立ソリューションズでは、新入社員が主体的に取組む時間を増やした結果、

『研修へののめり込み具合が上がった。居眠りなどもなくなった』

そうです。

数人の新入社員を迎える中小企業ベンチャー企業の場合、新入社員研修を
行わずにいきなり現場に出すことも少なくありません。

実際、私の勤務先に中途で入社した第二新卒社員が、前職で新入社員研修を
受けていなかったこともありました。

手間はかかりますが、長い目でみれば新入社員研修を行う方が、人材育成の
面で効果があります。

新入社員にテーマを与え、研修内容を彼らに企画させ、年次の近い若手社員が
相談にのる仕組みを構築すれば、若手社員の研修にもなります。

新入社員に研修内容を企画させる場合、誰が彼らの相談に乗り指導するのか、
誰が可否をジャッジするのか、はっきりさせておく必要があります。

スマホネイティブの新人教育:後編 [新入社員教育]

スマホネイティブといわれる今の若者の傾向とその問題点、
具体的な教育方法を前編・後編の2回にわけてみています。

前編では、スマホは使いこなせるスマホネイティブ世代の特徴に
ついてみてきました。

後編では、スマホネイティブ世代の問題点と、彼ら向けの新たな
教育の具体例をみていきます。

複数の研修担当者から、問題点としてあげられているのが、

「とにかく何でも気軽に“シェア”してしまう。
なぜそれがダメなのか、一から説明する必要がある」

ということです。

記事本文には具体例として、

●研修の内容について、LINEで同期とやり取りする
●メモ代わりに、気軽に写真を撮るという傾向も見られる

と書かれています。

今の学生にとって情報のシェアはいつもしていることです。
私の勤務先でも、初めて顔を合わせた新入社員同士がLINEで
連絡先を交換しています。

同期同士が仲良くなることで、早期の離職防止にもつながりますので、
一概に否定するのは好ましくないと思い、特に注意はしませんでした。

個人がTwitterなどのSNSで簡単に情報発信ができてしまうため、
芸能人が来店したことやスタッフの悪ふざけ写真をアップしたり、
企業にとっては社会的な信用を失うなど取り返しのつかない事態になる
可能性も否定できません。

記事本文にありますが、“スマホネイティブ”世代の新入社員には、

『会社で安易に私用スマートフォンを使ってはならないという意識付け
にもつながっている』

とあるように、今までは接客業を中心にネット炎上から大きなトラブルに
発展していましたが、これからは事務系や営業でも注意が必要になります。

スマホネイティブの新人教育:前編 [新入社員教育]

2015年6月19日配信のITproに『スマホネイティブの新人教育
と題して、IT企業の2015年度新入社員研修の様子がレポートされています。

1回目は『[1]何でも“シェア”するスマホネイティブ新人に必要な教育とは
という見出しで、今どきの若者の傾向がまとめられています。

前編・後編の2回にわけて、今の若者の傾向と問題点、具体的な教育方法を
みていきます。

前編では、スマホは使いこなせるスマホネイティブ世代の特徴に
ついて、みていきます。

以前に書いた記事『スマホネイティブはパソコンが使えない?!:前編後編
でも書きましたが、2015年度の新入社員の多くは、2008年高校1年生当時、
国内で初めてiPhoneが発売された、“スマホネイティブ”世代です。

つまり、スマホは使いこなせても、パソコン操作、特にキーボードを使った
文字入力が不得意な若者が増えています。

当社の新入社員は体育会系、文系ともにいますが、記事にあるように
パソコン操作はあまり得意ではないようです。

今回の記事によると、今年の新入社員は

●コミュニケーションを上手に取れる人が多い
●プレゼンテーション能力も上がっている
●社内SNSなども抵抗なく、スムーズに使いこなしている

とあるように、評価は悪くありません。

その反面、記事には

『スマホネイティブ世代ならではの新たな教育も求められている』

とあります。

後編では、スマホネイティブ世代の問題点と、彼ら向けの新たな
教育の具体例をみていきます。

え、こんなことまで教えなくちゃいけないの? [新入社員教育]

4月になると、新入社員が入ってきます。

多くの企業の新入社員研修は、ほとんど以下の内容を
ベースにし、企業ごとで多少のアレンジをしていると思います。

・入社式
ビジネスマナー研修
社会人の心構えに関する研修
社長のおもいや考え方
就業規則
・社内規定やルール
・各部署の役割
・自社の業界や業務内容
・社内システムの操作方法
・情報セキュリティ個人情報や情報漏えいなど)
・コンプライアンス など

長い企業では半年~一年といった長期の新入社員研修を
行いところもありますが、中小・零細企業では少ない企業で3日間、
多くても2週間程度かと思います。

短期間で行う詰め込み型研修では、新入社員も消化不良に陥り
現場に出た頃には、すっかり忘れてしまいます。

そして、新入社員研修を終えた新入が配属されてきた部署の先輩は、
「え、こんなことまで教えなくちゃいけないの?」と面食らいます。

例えば、

・ホウレンソウができない
⇒適切な報告・連絡・相談をすることができない

・遅刻癖が直らない
⇒寝坊、夜更かしなど学生気分が抜けない

・打たれ弱い
⇒怒られた経験がないので、少しキツく言うとへこんでしまう

・能動的
⇒指示待ちで自ら主体的に動かない

・飲み会のマナーを知らない
⇒上座に座る、グラスが空いても注ぎに来ない

といったことがいっぱい出てきます。

もっとやっかいなことは、先輩や上司が時間をかけてOJTを
行う余裕がなくなってしまい、有効な教育手段であるOJTが
機能しなくなっていることです。
新入社員教育 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。