So-net無料ブログ作成
検索選択
外国人労働者 ブログトップ

人手不足の解消は外国人の受入で対応していいのか [外国人労働者]

日本では人手不足が深刻になっているといわれています。

建設業では、東日本大震災からの復興事業が進む東北地方、
2020年の東京五輪関連のオリンピック特需の恩恵を受けて、
今後5~6年は好循環が続くといわれています。

その反面、建設業界の人手不足は深刻さを増しています。

建設業以外にも介護業、農業、水産業、ビルメンテナンス、飲食業、
小売業、食品加工などの業種でも、人手不足は深刻な状況になっています。

大学を卒業後、就職できない若者はたくさんいます。
なぜ、このようなことになってしまうのでしょうか。

ゆとり世代、さとり世代といわれる若者は、肉体労働や危険をともなう
仕事に就くことを嫌うため、人手不足が解消されない状況に陥っています。

その解決策として、日本で働きながら技術を学ぶ「外国人技能実習制度」が
ありますが、過酷な労働環境から昨年までの10年間で約2万5千人が
失踪し、不法就労・不法在留状態にあります。

このような状況にあることを理解しているのかと思いますが、移民受入を
進めようとしている政治家もいます。

景気が後退し仕事がなくなっても、不法在留者が日本から出て行くことは
おそらくほとんどないでしょう。

移民も同じで、いったん受け入れてしまえば日本から出ていくことはなく
定住することは目に見えています。

その結果として、外国人が集まって居住する地域では治安の悪化や
異文化とのあつれきなど、さまざまな問題が起こります。

人手不足を外国人労働者(外国人技能実習生や移民など)で解消しよう
とするよりも、日本人の雇用環境を見直すべきではないでしょうか。

以前書いた記事『』では、
就職に結びつく力を身につけるための大学改革を取り上げました。

大学生が社会に出て困らないようなスキルを身につけることで、
就職できずに大学を卒業してしまう若者を減らすべきです。
ほかに必要なスキルは、会社に入ってから身につければいいことです。

ほかにも、子育てなどで離職した主婦やシニア世代を雇用することによって、
人手不足の解消を図ることが先決ではないでしょうか。

技能実習制度は低賃金で働かせることが目的ではない [外国人労働者]

3月20日の産経新聞WEB版が配信したニュース
『中国人実習生に最大106時間もの時間外労働させる』
の見出しで、兵庫県伊丹市のパン・菓子製造社長らが
労働基準法違反容疑で書類送検されました。

記事によると、

『他に送検されたのは、取締役管理本部長の男性(53)、
総務部長代理の男性(57)、伊丹工場長の男性(46)』

『この会社に改善を求める行政指導をした際、虚偽の労働
時間を打刻したタイムカードやうその賃金台帳を作成して
提出するなど偽装工作をしていた』

とあるように、企業の核となるポジションの方も送検され、
偽装した賃金台帳やタイムカードを作成し、伊丹労働基準
監督署に提出しており、組織ぐるみでの違法行為と思われ
ても仕方ありません。

取引先には『利益をあげるために違法行為をしていた企業』
と認識され、下手をすると取引停止になる恐れもあります。

消費者からも敬遠されてしまいますし、採用活動でも
ブラック企業として敬遠されてしまいます。

お金を稼いで帰国したい中国人技能実習生の思惑と
少しでも安い賃金で効率化したい企業側の思惑が一致し、
違法だと理解しながらずるずると働かせたしまったと思います。

その時点でNGですが、人手不足や効率化を違法行為で
対応しようとすると、会社の存続が厳しい状況になりかねません。

ウィキペディアの技能実習制度

『日本で培われた技術等を開発途上国へ移転し、人材育成を
支援することを目的とする日本の制度』

とあるように、低賃金で働かせることを目的としていません。

高校生の採用と並行して、外国人技能実習生を受け入れる [外国人労働者]

2015年3月7日付の日本経済新聞は、
外国人実習5年に延長』の見出しで、外国人技能実習
制度の受け入れ期間を最長3年から5年に延長する法案が
可決されたことを報道しています。

これまで3年で帰国していましたが、5年に延ばすことに
なるわけです。

私の勤務する会社でも、中国ベトナムなどから外国人
技能実習生を受け入れています。

多くの企業がそうであるように、外国人の労働力を安く
使っているのが実情です。

高校生を雇っても、辞めずに残るかどうかはわかりません。
少なくとも、3年間は辞めない外国人技能実習生を受け
入れる方が確実なんです。

ただし、デメリットもあります。

3年経って、やっと仕事を覚えた頃に帰国となります。
受け入れ期間が5年に伸びたとしても、同じことです。

私の勤務する会社では技術の継承を図るために、高校生の
採用を再開していますが、3人採用しても1人残れば御の字と
いう状況が続いています。

高校生の採用と並行して、外国人技能実習生の受け入れも
検討してみましょう。

外国人社員が在籍していることがあたり前の時代が来る!? [外国人労働者]

厚生労働省が発表したデータによると、2014年10月時点で
外国人を雇用している事業所は1137,053ヶ所、外国人労働者数
は787,627人でした。

2013年同期比でみると、外国人を雇用している事業所は
10,324か所(8.1%)増加、外国人労働者数は70,123人
(9.8%)増加し、2年連続で過去最高を更新しました。


東日本大震災の復興、2020年の東京オリンピックを控え、
建設業界では慢性的な人手不足が続いています。

医療業界では、人材不足解消のために2008年からフィリピンから
看護師の候補生受入がスタートしていますが、日本人と同じように
日本語による試験問題を受けなくてはいけないため、実際に
看護師の資格を取得できたのは数名しかいません。

同じように人材不足が問題となっている介護業界では、インドネシア
からの人材受け入れに続いて、フィリピンからの人材受け入れも
始まっています。

さらに、女性が育児と両立しながら働けるように、家事サポート
企業ではフィリピン人のハウスキーパー(家政婦)の人材確保を
急いでいます。

外国人IT人材の需要も高まっているので、高度人材といわれる
外国人労働者もますます増加の一途をたどるでしょう。

中小・零細企業でも、人材不足を解消する手段のひとつとして
外国人を雇っているところもあります。

中小・零細企業にも外国人社員が在籍していることがあたり前
になり、日本語以外が職場をとびかう。

そんな時代が来るのも、そう遠くないかもしれません。
外国人労働者 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。