So-net無料ブログ作成
第二新卒 ブログトップ

第二新卒と既卒のどちらを採用すべきか?:後編 [第二新卒]

前編では新卒、既卒、第二新卒、経験者の定義について、
中編では第二新卒と既卒の採用方法について、それぞれ
解説しました。

後編では、第二新卒と既卒を採用する場合のメリット・
デメリットについて解説しますね。

第二新卒を採用するメリットとしては、

(1)教育にかかるコストを低く抑えることができる

⇒新卒と違って、前職で社会人としての基礎(モラル、
  マナーなど)がある程度できていますので、新卒と違い
  教育に時間と費用を低く抑えることができる

(2)若手である

⇒中長期的な視点で考えると、

 ・中途採用者よりも社風や制度、社内ルールに馴染みやすい
 ・中途採用者よりも素直なので、教えた通りにやれる
 ・中途採用者よりも適応力があり、行動力がある

といったことが考えられます。

既卒を採用するメリットとしては、上記の(2)が該当します。

第二新卒を採用するデメリットとしては、

(1)社会人として必要な基本的なビジネスマナーが
   備わっていない人材もいる

(2)チャンスがあれば、新卒時に行けなかった企業を目指すので、
   また辞めてしまう可能性がある

といったことが考えられます。

既卒を採用するデメリットとしては、

新卒と同じレベルなので、教育に手間がかかってしまう

ことが考えられます。

日本企業の多くが新卒一括採用を優先していますし、中堅
企業では新卒採用と併用して、第二新卒を採用しています。

中小・零細企業では、ますます新卒採用が厳しくなっています。

だからこそ、中小・零細企業は第二新卒よりも就職浪人なども
含めた既卒者の採用を検討してみましょう。

ちなみに、在学時に正社員として就職できなかったフリーターは、
既卒に含まれます。

勘違いをされている人が多いのですが、フリーターとはアルバイト
で生計を立てている人だけではありません。

ウィキペディアによると、フリーターとは

『正社員・正職員以外の就労形態(契約社員・契約職員・派遣社員・
アルバイト・パートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている
人を指す言葉』とあります。

仕事内容は正社員と変わらない仕事も多いのですが、基本的な
ビジネスマナーのない人も結構います。

面接時に「新卒採用として採用します。給与も新卒者と同じ基準
となります。新卒採用と同じ研修を受講してもらいます」といった
ことを伝えるようにしましょう。

第二新卒と既卒のどちらを採用すべきか?:中編 [第二新卒]

前編では新卒、既卒、第二新卒、経験者の定義について
について解説しました。

2回目となる中編では、第二新卒と既卒の採用方法について
解説しますね。

私が第二新卒を採用するのに使ったのは、大手求人会社の
第二新卒、既卒と20代に特化した人材紹介です。

人材紹介会社から「前職を短期間で辞めているので、後がない。
やり直す気持ちで次の会社に入るように」と厳しく伝えていました。

こういった対応を取っている人材紹介を活用すべきです。

募集方法としては、

(1)第二新卒・既卒に特化した人材紹介会社を使う

⇒成功報酬がほとんどなので、採用できなかった場合は、
 費用が発生しません。

⇒会社によって、手数料が変わるので注意が必要です。

(2)転職サイトを使う

⇒第二新卒特集を組むことがありますので、その時期を狙って
求人を出すと効果が見込めます。

⇒特集時期と合わない場合は、「第二新卒歓迎」と明記して
求人を出します。

⇒転職サイトの場合、採用できなくても広告費用は発生します
ので、注意が必要です。

(3)大学のキャリアセンターに依頼する

⇒費用がかからないのが、最大のメリットです。
新卒採用で懇意になった大学に声かけすることで、さらに
懇意になることができます。

⇒ただし、紹介された既卒者は可能な限り採用しましょう。
断ったりすると、心証を害するデメリットがありますので、
注意が必要です。

3回目となる後編では、第二新卒と既卒を採用する場合の
メリット・デメリットについて解説しますね。

第二新卒と既卒のどちらを採用すべきか?:前編 [第二新卒]

今年の初めに、20代の第二新卒専門の人材紹介から
1名を採用しました。

その時に感じたことを中心に、「第二新卒と既卒のどちらを
採用すべきか?」について、前編、中編、後編の3回に分けて
より分かりやすく解説しますね。

前編では、新卒、既卒、第二新卒、経験者の定義について
それぞれ紹介します。

まず、第二新卒の定義ですが、新卒や既卒とは違う立ち
位置になりますので、それごれの定義を確認しましょう。

新卒
ウィキペディアによると、『大学や専門学校、高校などを
今年度中に卒業する学生を表す用語。「新規卒業」もしくは
「新規卒業者」の略語であるが、採用のシーンでは「新卒」
と呼ばれることが多い』とあります。

第二新卒
ウィキペディアによると、『学校等を卒業して一旦就職したが、
3年未満のうちに転職を志す者のこと』とあります。

既卒
ウィキペディアによると、『大学・専門学校・短大などを卒業し、
正規職員としての職歴が無い求職者を指す。既卒生とも言う』
とあります。

■経験者
中途採用者。即戦力、経験3年以上というのが一般的です。

3月から新卒採用活動が本格化しますが、

「新卒内定者から内定辞退の申し出があった」
「応募が少なく、内定者の数が足りない」
「今年はレベルが低く、内定を出せない学生が多かった」

といった問題が出てきます。

中編では、第二新卒と既卒の採用方法について解説します。
第二新卒 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。