So-net無料ブログ作成
主婦採用 ブログトップ

主婦が考える家事の対価:月給16万円、日給6,200円 [主婦採用]

2015年3月12日のマイナビニュースは、
主婦が考える家事の対価は、月給16万円、日給 6,200円』の見出しで、凸版印刷『Shufoo!(シュフー)』
が実施した『家事に関するアンケート』の調査結果を
掲載しました。

■対象:全国の20歳~59歳の既婚女性416名
■調査期間:2月17日~18日

『普段行っている家事の対価を月給に換算した時、
夫より高い月給をもらってもよいか?』との質問には、

『主婦の3人に1人以上が「夫と同等以上の給料を
もらっても良い」と考えている』

と答えています。

『具体的にいくらぐらいが妥当だと思うか』との質問には、

■10万円~15万円:22.1%
■15万円~20万円:22.6%

という結果になっています。

薬剤師、看護師、教員など、資格が必要な職種で
あれば、時給2,000~2,500円も可能ですが、
特別なスキルをもたない主婦の方であれば、時給は
800~1,000円ではないでしょうか。

以前に書いた記事『主婦1万人の就業に関する調査結果』で

前編では就業にあたり主婦が就業に不安を感じていること、
中編では仕事を選ぶ際の重視項目、
後編では主婦が感じている仕事のやりがい、

についてそれぞれ紹介しましたが、人手不足の企業では
いかに主婦力を活用するかが大事です。

主婦が考える家事の対価についても、念頭において採用
にあたりましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

主婦1万人の就業に関する調査結果:後編 [主婦採用]

『主婦1万人の就業に関する調査結果』の解説として
前編では就業にあたり主婦の方が就業に不安を感じて
いること、中編では仕事を選ぶ際の重視項目について
紹介しました。

3回目となる後編では、主婦の方が感じている仕事の
やりがいについて解説しますね。

仕事でやりがいを感じる状況で過半数を超えているのは、

(1)人に感謝された時:61.1%

(2)与えられた仕事をミスなくこなした時:57.1

の2つになります。

その後に続く回答としては、

(3)上司に褒められた時:41.4%

(4)自分の目標を達成した時:37.8%

(5)責任ある仕事を任された時:36.7%

となっています。

逆に、仕事でやりがいを失う状況は、

(1)不合理な理由で叱責された時:37.0%

(2)自分の仕事の成果を認めてもらえない時:33.4%

(3)評価に差別を感じた時:33.3%

がトップ3になります。

他者から承認を得た時に仕事のやりがいを感じ、
他者からの承認を得られなければ、やりがいを失う
ことが多いことがわかります。

これらのことから、褒めること、感謝すること、成果を
求めることが重要だとわかります。

前編・中編・後編にわけて、就業希望の主婦のリアルな
声を解説しました。

就業にあたり不安を感じていること、仕事を選ぶ際の
重視項目をクリアにし、仕事のやりがいをアピールする
ことが主婦採用の近道といえます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

主婦1万人の就業に関する調査結果:中編 [主婦採用]

『主婦1万人の就業に関する調査結果』の解説として、
前編では、就業にあたり主婦の方が就業に不安を感じて
いることについて紹介しました。

中編では、仕事を選ぶ際の重視項目を紹介します。

仕事を選ぶ際に就業条件の重視度の順位を見ると、
育児や家事との両立を大前提としているため、やはり
重視しているのは『働く場所』です。

(1位)転勤が無いこと:45.1%

(2位)通勤の便が良いこと:40.8%

(3位)希望する勤務地であること:38.9%

(4位)休暇をとりやすいこと:36.6%

(5位)通勤時間が短いこと:35.4%

(6位)長く働けそうであること:34.2%

(7位)希望する休日、残業、勤務時間であること:31.8%

(8位)希望する職種、仕事内容であること:30.3%

(9位)安心して働けそうであること:29.6%

(9位)勤務する曜日が選べること:29.6%

また、シフトの自由度・長く働けるかどうかに関心が
ある方も多いという結果が出ています。

後編では、主婦の方が感じているしごとのやりがい
について解説します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

主婦1万人の就業に関する調査結果:前編 [主婦採用]

昨年10月にリクルートジョブズの調査研究機関である
ジョブズリサーチセンターが、2013年12月に行った
主婦の就業に関する1万人調査』を発表しました。

この報告書は、20~49歳の既婚・子供あり女性の
就業状況をまとめたもので、非常に中身が濃い内容
となっています。

人手不足の解消に、主婦の採用を検討している企業も
あるかと思いますので、前編・中編・後編の3回にわけて
より分かりやすく解説しますね。

前編では、就業にあたり主婦の方が就業に不安を感じて
いることについて紹介します。

就業への意欲は高いものの、就業意向者の93.7%の方が
就職に不安を感じていると答えています。

具体的な理由として、

『離職期間が長いことによって感じる不安』
『育児と両立させることができるか』

といった声が多くありました。

『ブランクの長さ』と『育児との両立』を気にしているということです。

中編では、仕事を選ぶ際の重視項目について解説します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
主婦採用 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。