So-net無料ブログ作成
検索選択

松下幸之助:事業は人なり [名言]

松下電器産業(現:パナソニック)の創業者である松下幸之助氏は、
『経営の神様』と呼ばれ、国内外でその功績が語りつがれています。

父が米相場で破産したため、尋常小学校を4年で中退し、9歳で
丁稚奉公に出ました。

16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し、7年間勤務した後に独立

その松下幸之助氏は、『事業は人なり』ということばについて、
次のように述べています。

『「事業は人なり」と言われるが、これは全くその通りである。
どんな経営でも適切な人を得てはじめて発展していくものである。

いかに立派な歴史、伝統を持つ企業でも、その伝統を正しく
受けついでいく人を得なければ、だんだんに衰微していってしまう。

経営の組織とか手法とかももちろん大切であるが、それを生かす
のはやはり人である。

どんなに完備した組織をつくり、新しい手法を導入してみても、
それを生かす人を得なければ、成果も上がらず、したがって企業の
使命も果たしていくことができない』

しかし、以前『採用できる体力があるうちに新入社員を採用しよう
という記事にも書きましたが、

人手不足により閉店を余儀なくされた飲食チェーンや、増える需要を
人手不足のためにさばくことができず、倒産してしまう会社も出るなど
人手不足が深刻になっています。

松下幸之助氏は、『人』の大切さを常に訴えてきました。
氏の生きてきた時代とは違いますが、今でも十分考えされられます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。