So-net無料ブログ作成
検索選択
リーダー ブログトップ

ハリルジャパンにみるリーダーの大切さ:後編 [リーダー]

ハリルジャパンとして、初の2連戦を迎えたサッカー日本
代表チームですが、チュニジア戦、ウズベキスタン戦と
連勝しました。

前編では、日本代表チームの監督遍歴を見てきました。

後編では、新しくサッカー日本代表チームの監督に就任
したバヒド・ハリルホジッチ氏について見ていきます。

ウィキペディアによると、ハリルホジッチ氏の指導スタイルは、

●対戦相手によってフォーメーションを変える采配で、
 アルジェリア代表では「4-2-3-1」、「4-3-3」、
 「5-4-1」などを使い分けた

●ルール、規律、練習」をモットーとし、ロナウジーニョや
 ドログバといったスター選手だろうと妥協を許さぬ
 スタイルとされる

とあるように、戦術面もそうですが、リーダーが持つ明確
な信念が好結果につながっていると思います。

採用においても、リーダーが『われわれの会社で活躍
できるのはどんな人なのか』ちゃんと把握し、『こういう
人材を採るんだ』という明確な指針を出し、採用過程にも
積極的にかかわることで結果が違ってきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

ハリルジャパンにみるリーダーの大切さ:前編 [リーダー]

前監督のアギーレ氏が八百長関与疑惑でサッカー
日本代表監督を解任され、約1カ月にわたる指揮官
不在の状態が続きました。

2015年3月12日、サッカー日本代表チームの監督に
バヒド・ハリルホジッチ氏の就任が正式に決まりました。

ハリルジャパンとして初の2連戦を迎えましたが、
3月27日のチュニジア戦に続いて、3月31日の
ウズベキスタン戦も連勝で終えました。

ウズベキスタン戦の後半はハリルジャパンの得点
ラッシュとなり、後半だけで4点をとり、5対1の完勝
でした。

前編、後編の2回にわけて、採用活動におけるリーダー
の大切さを考えてみたいと思います。

前編では、日本代表チームの監督遍歴を見ていきます。

日本代表チームの監督は、何人も変わってきました。

ヴァヒド・ハリルホジッチ
  ↑
ハビエル・アギーレ
  ↑
アルベルト・ザッケローニ
  ↑
岡田 武史
  ↑
イビチャ・オシム
  ↑
ジーコ
  ↑
フィリップ・トルシエ
  ↑
岡田 武史
  ↑
加茂 周
  ↑
パウロ・ロベルト・ファルカン
  ↑
ハンス・オフト

ハリルホジッチ監督は、トラブルで解任されたアギーレ
前監督の後を受けただけに、その戦い振りが注目されて
いましたが、『監督が違うとこんなに変わるのか』という
ぐらいの変貌です。

後編では、新しくサッカー日本代表チームの監督に就任
したバヒド・ハリルホジッチ氏について見ていきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
リーダー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。